放っておくと怖い歯周病をあなたはどのように治療しますか

歯には凸凹があるので小刻みに動かさなければいけません

歯ブラシの取り換え時期については

完璧に歯の汚れを自分の力だけで、取り除く事ができる方であれば、問題になる事はないのですが、おそらくそれ自体非常に難しい事だと思います。
最も効果的な予防方法は、毎日の歯のケアとさらに歯科の定期受診です。
3カ月毎の受診を勧められますが、個人で歯のケアを行う際に、使用する歯ブラシはどのようなものを選ぶと良いのでしょうか。
歯ブラシは自分に合ったものを選ぶべきで、力を入れて磨いてしまう方は、硬すぎると歯を削ってしまう恐れがあります。
また柔らかすぎると、歯に実際にあたっているのかどうか感触がつかみにくい場合もあります。
歯ブラシのヘッドは薄い方が、小回りが利くので良いように思います。
歯ブラシの取り換え時期については、毛のない反対側から見て毛先が広がり、先が見えるようになると換え時と一般的には言われていますが、分かりにくいので月1回のペースで交換するというのはどうでしょう。

口の中の細菌については

忙しい際にでも、気軽にできるマウスウオッシュの効果はどうでしょう。
口を濯ぐだけでは汚れは取ないのです。
口の中の細菌は「バイオフィルム」という粘性の歯垢に埋もれる形で歯の表面に絡み付いているからです。
もちろん、ブラッシングなどで磨いた際に、汚れと共に洗い流すという意味においては効果があるかもしれませし、香料などにより口臭を一時的に軽減する作用もあるでしょう。
ですが効果は一時的なもので、基本的には歯ブラシにより取り除くのが一番でしょう。
溶けかけた飴玉の中に、細菌がいるという状況を想見すると分かりやすいでしょう。
マウスウオッシュはあくまでも、歯ブラシの補助的な道具であり、歯みがきを上回る口腔ケアは今のところないのです。
残念ですが、歯周病予防の近道はないのです。
歯科医師に力を貸してもらいながら、継続的に予防することが一番です。
毎日の地道なケアをすることで、歯周病を防いでいくしかないでしょう。


シェアする

B!