放っておくと怖い歯周病をあなたはどのように治療しますか

患者さんが行うブラッシングと歯科医院で行う専門的な事が一緒に

歯周病に関する気になる研究結果が

歯周病については、成人のほぼ70パーセントが掛かるとされてしていますが、これは初期のものを含めた割合なので、おそらく問題となる歯周病は成人の10パーセントくらいではないかと思われます。
罹患率については、40代以降から圧倒的に多くなり、男女差にはそれほど違いはありませんが、働き盛りの成人男性については、そんなに歯科受診をしないことや不節制な生活習慣において、肥満や糖尿病・喫煙などで歯周病の危険を上げるという環境にさらされている場合が多いため、より歯周病が進行するという割合は多くなるかもしれません。
そんな歯周病に関する気になる研究結果が発表されました。
某大学の研究発表によると、ネズミに歯周病菌を投与した結果、アルツハイマー型認知症の要因物質であるタンパク質「アミロイドβ」が、投与していないネズミと比較して約10倍検出されて、記憶力も低下したということが分かったそうです。

歯科疾患は認知症などを発症させる

歯周病は、これまでにも多数の病の理由となっている事が指摘されてきましたが、認知症にまでその恐れが広がるという事になれば、歯周病に悩んでいる方にとっては心配なニュースでしょう。
歯科疾患は認知症などを発症させる脳機能との関係性については、大きく分けて2つの考え方があります。
1つ目は、加齢により歯が抜けてかみ合わせ機能が悪くなり、噛むという行為が少なくなった結果、脳に刺激が伝わらず機能障害が出るのではないかとする考えです。
これは「廃用萎縮」といわれ、使われなくなった器官の組織が萎縮してしまい機能不全に落ち入るという事です。
2つ目は、歯周病により炎症や感染の波及によって、一連の報道もこの考えに準じています。
多数の研究に見られるように、今回行われた実験も特定の細菌種を多量にネズミに投与して行動様式を見るというものでしたが、実際の歯周病では非生理的血中濃度の上りを伴う一定の菌血症は見られません。


シェアする

B!